1億人近く犠牲者を出したと言われているスペイン風邪の正体はA型インフルエンザでした。現在でも毎年流行しているインフルエンザは約150もの種類が確認されています。当サイトではインフルエンザに対してはどのように対処すればよいのか?治療薬についてなどを紹介します。

  • ホーム
  • インフルエンザA型は潜伏期間が短い

インフルエンザA型は潜伏期間が短い

多色なカプセル

リレンザは1日2回5日間の吸入によるインフルエンザの治療薬です。
インフルエンザ治療薬はほかに内服薬のタミフル、1回吸入するだけでよいイナビル、1回点滴すればよいアピアクタ、A型インフルエンザにのみ有効のシンメトレルがあります。
みなさんもご存知の通りタミフルは10代の思春期の子供が服用した場合の異常行動の発生率が高いようです。
ではどのような異常行動なのか。急に起き上がり動きだしたり、意味不明の事を話す、泣き出す、外に出ようとする、突然笑い出すなどがあるようです。
ではリレンザはこのような症状は出ないのかというと、そうではないようでタミフルよりは少ない報告ですが、同じような症状が出たと言う報告もあげられているようです。
そこで10台のお子さんを持つ親御さんとしては、できればタミフルではなく、リレンザを処方してほしいと言うのが本音ではないでしょうか。
どうしてもリレンザがほしい場合、まずは病院に置いているかどうか、電話で確認してみると良いでしょう。
受診してお医者様がお薬を出すときに、リレンザの取扱がなければ、いくらほしいと言っても処方してもらうことは難しいでしょう。
昔ながらのお年を召したお医者様が診察した場合、タミフルを処方する可能性が高いです。
電話で確認してあったとしても、処方するのは医師なので、必ず処方してもらえるかどうかはわかりませんが、取り扱いのある病院に受診することが、はじめの1歩です。
では、受診後はどうしたらよいのか、インフルエンザ検査で掛かっていることが確定したら、リレンザがほしいことを医師に伝えると良いでしょう。
希望が通るかどうかは、医師の判断になるのでわかりませんが、ほしい理由をしっかりと伝えることで、医師も考えてはくれると思いますよ。
病院処方が難しくても他にも購入する方法はあります。医薬品の通販サイトを利用する方法です。
インフルエンザになってしまうと病院へ行くことさえつらくなりますのでリレンザを買って流行に備えましょう。
医薬品の通販サイトにはインフルエンザ治療薬はもちろん、他にもさまざまな医薬品が販売されており、医師からいつも処方してもらっているけれど毎回病院へ行くのが手間だという人が利用していたり、毎日飲まなければならない薬をまとめ買いでお得に買っていたりします。

アーカイブ
人気記事一覧
サイト内検索